WEBにおける勤怠管理での打刻方法

勤怠管理を入力するマシーンをWEBと連動することで人力でタイムレコーダーの情報入力が要らないということ

勤怠管理をWEBと連動で楽に管理を

WEBにおける勤怠管理での打刻方法 普通のオフィスならば従業員が時刻通りに出席したか否かを把握するために勤怠管理をやっています。その勤怠管理に関してはいろんな方法がありますが、原始的な方法では台帳に手作業で入力したりしていましたが、従業員数の数が多くなりすぎるとそれは困難になりますのでタイムレコーダーというのを出入り口においてカードをその機械に通すことで入場と出場の時刻を打ちこんでいました。しかしながらこの方法をもってしても毎月遅刻したか欠席したか早退したかなどの集計はPCを使用していたとしても人力で集計をしないとならず、従業員数が多くなるほどその管理は時間的物理的に大変な作業であるのは言うまでもありません。そこでWEBと連動で楽に管理をする方法が開発されました。

その勤怠管理をWEBと連動で楽に管理をできる方法ですが、これには様々なタイプがあるのですが、そのうちの1つは専用のタイムレコーダーを用意し、それをパソコンと連動する形で管理を行おうという方法であります。そのパソコンの中には専用の管理ソフトがインストールされていて、従業員がタイムレコーダーを通すことで自動的にソフトに記録が入力されるのです。そのためパソコンを扱う部署の従業員の作業負担が激減して残業や早退や欠席や遅刻がどのくらいかを確認するだけで済むのです。またこの連動した管理システムの中では不正を防止するために単にタイムカードを通す方法ではなくて、本人の指紋認証システムなどで管理をしている場合もあります。そうすることで成りすましや改ざんを防止する効果があるのです。

Copyright (C)2019WEBにおける勤怠管理での打刻方法.All rights reserved.