WEBにおける勤怠管理での打刻方法

今ごろのWEB連動型勤怠管理システムは携帯操作も可能なので外部にいる外回り担当も職場に戻らず管理できること

今ごろのWEB連動型勤怠管理システムは携帯操作も可能

WEBにおける勤怠管理での打刻方法 従来の勤怠管理システムはタイムレコーダーに代表されるようにすべての職員は職場に出向いて出入り口に用意されているタイムレコーダーに自分のカードを挿入して出勤時と退勤時の時刻を打ちこんでいました。そして月末あたりになると総務課や経理課の職員がそのカードをまとめて手作業でパソコンに入力するなどして集計作業をしていました。しかしそれは大変な作業で何十人何百人もの規模の職場だと1日がかりで片付けなければならず他の作業ができないなど肉体的にも精神的にも疲れ果てるそのものでした。また手作業での入力なので間違いもやりかねず、それが問題視されていましたのでパソコンとタイムレコーダーをつないだWEB連動型の勤怠管理システムが開発されてすでに一部のオフィスでは導入されているのです。

このWEB連動型勤怠管理システムの導入により毎月の膨大な手作業による集計作業は自動化されて時間的に大幅に作業が減らせることに成功したのです。そのため肉体的にも精神的な疲れも激減して職員によってもうれしい限りなのは言うまでもありません。またこの管理システムでは一部の種類では携帯操作も可能なようにできているのです。これはどういうことかというと、オフィスによっては出張や外回りで営業している職員も少なからずいたりします。そのような職員の管理は従来は一旦職場に戻ってタイムレコーダーを押すことで解決していたのですが、これでは時間的に無駄になってしまうという欠点がありました。また今頃の管理システムは成りすましができないように不正防止対策がされているので他の職員が代行で操作するということもできません。ですがこの携帯と連動の管理システムでは携帯で操作することで一旦オフィスに戻らないでも出勤や退勤の時刻入力をしてくれるのでオフィスに向かう時間の無駄を省いてくれるという利点があるのです。またどの携帯から操作されたかも把握されているので不正防止対策もされているのであります。

Copyright (C)2019WEBにおける勤怠管理での打刻方法.All rights reserved.