WEBにおける勤怠管理での打刻方法

紙などで勤怠管理をするのは大変です。直行直帰と呼ばれる働き方をする従業員がいるとWEBを利用した方が便利です。

勤怠管理は社内でも社外でもWEBで簡単

WEBにおける勤怠管理での打刻方法 私は勤怠管理の仕事をしていたことがありますが、管理をするのにかなり苦労した記憶があります。当時はパソコンもあり、紙で集計することもありませんでしたので、紙集計で勤怠を管理されていた方と比較すると私は楽だったのかもしれませんが、当時の私の会社は会社に出勤する者と、自宅から直接お客様のところへ向かう者がいて、直接向かった者は会社に寄らずそのまま帰宅するケースが多くありましたので、従業員1人1人から勤怠資料を出してもらうのが大変でした。WEBがあれば従業員が持っているケータイ端末などから直接勤怠情報を入力してもらうことで情報を集めることができたのになと思いました。

今は多くの方がケータイを持ち、その半数以上がスマートフォンを持っている状況においては、勤怠管理はスマートフォンなどのアプリ等を使ったWEBで管理できるようになれば、勤怠を管理する者としてはとても助かると思いました。これまで私が勤めてきた会社の中で勤怠の管理を雑に扱っていた会社もありましたが、従業員の勤怠はいろんな場面で聞かれたり、資料の提示を求められたりしますので、企業のモラルとしても責任もって管理する必要があると思いました。

なお、勤怠資料の提示が求められるケースとしては、ハロー―ワークにおいて傷病手当の申請や従業員の退職等の資料と同時に求められるケースや、建設業に見られる経営審査において申請された作業員の勤怠が1年間どのようになっているかなどのケースにおいて資料の提示が求められます。このような時にすぐに勤怠管理の資料を用意するにはWEBを使った方が便利だと思いました。

Copyright (C)2019WEBにおける勤怠管理での打刻方法.All rights reserved.