WEBにおける勤怠管理での打刻方法

WEBタイプの勤怠管理システムの導入は集計作業の計算間違いをなくしてノイローゼから解放されるということ

WEBタイプの勤怠管理システムでイラつき激減だ

WEBにおける勤怠管理での打刻方法 社員さんの給料を正しく算出するには毎回の出勤時刻と退勤時刻の正確な把握が欠かせません。ということで多くのオフィスでは大昔から勤怠管理を実施してきました。そして長らくその管理システムの代表はタイムレコーダーでありました。しかしながらこのシステムを運用するにはある意味で苦痛なことが待ち構えているのです。それはこのシステムでは毎回の出勤時刻と退勤時刻の入力しかしていないので、毎回の労働時間が何時間なのか、残業は何時間していて遅刻や早退や欠勤がどのくらいかなどといったことは一目で把握できないということです。そのため毎月決められた日にちになると一部の社員さんはタイムカードを見てパソコンに向かって専用のソフトなどを介して手作業で集計作業をやらないとならないのです。もちろん今あるWEBと連動などしてはおりません。

さてそのWEBと連動していない勤怠管理システムを使用している場合、毎月の集計作業が要るわけですが、この作業で一番作業をする社員さんを悩ませるのは、膨大な作業量ももちろんなのですが、それ以上に間違いが出た時であります。間違いが出るということは直ちにすべての作業を見直す必要に迫られるのです。これがかなりの手間と時間を要するだけでなく、原因がどこにあるのかしばらくは把握できていないし、把握しても再度の修正と確認をして間違いが1つもないと確信するまでは不安でたくさんなので精神的な疲労度が激増してしまうのです。だからそのような作業量の増大と間違いのエラーをなくすことと社員さんの精神的疲労度をなくすためにもWEBと連動している勤怠管理システムの導入が求められるのです。もしこれが導入できたら出勤時と退勤時にシステムを通過させるだけで直ちに残業や欠勤や遅刻早退が何日何時間何分単位までリアルタイムに集計してくれるので社員さんの疲労度と作業時間が減って労務コストの削減にも貢献できるのです。

Copyright (C)2019WEBにおける勤怠管理での打刻方法.All rights reserved.